スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルール、用具 (20)


用具(5)

南部体育館

用具というか設備ですが、体育館についてです。

jum☆でいつも使っているのは、南松本駅の近くにある松本市南部体育館です。

他の体育館と比べるととっても広いです

松本市の中では美須々にある総合体育館のメインアリーナの次に広いんじゃないかと思います。

きっと他の体育館の倍くらいかな

真ん中で区切れるようにネットがあります。
ネットで半分に区切ると、それぞれは普通の体育館くらいの広さです。

ネットがあるおかげで遠くまでボールを拾いに行かなくてもいいのでとても楽です。

そのネットは機械が自動で開閉してくれるのでさらに楽です。

っていう設計だったと思いますが・・・

実は機械の力が弱いので、放っておくと途中で止まっちゃいます
途中からは人力で助けてやりましょう。



こんなふうに止まってしまうので・・・


進行方向に引っ張ってやりましょう。



スポンサーサイト

テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

ルール、用具 (4)

ポール(柱)


ポール(柱)はネットを支える重要アイテムです。
jum☆で使っているのは薄緑の塗装の鉄製です。

コートの所で書いたとおり、ソフトバレーはコートの幅がバドミントンと同じなので、バドと共通の穴に共通のポールを立てます。
ただしバドよりもソフトバレーの方がネットが高いので、ポールの上にちょっとした延長ポールを取り付けます。

細いので運ぶ時にあまり重くないのはいいのですが、弱々しい感じは否めません。


硬いバレーとは穴もポールも違います。
硬いバレーはポールが太いです。
硬いバレーのネットはかなり重いし高さがあるので細いポールだと支えきれないんでしょうね。


さて、ソフトバレーでネットを張る時は強く張りすぎないように注意しましょう。
バドミントンよりも高さが高い分、ポールにかかる曲げ方向の力が大きくなるので、多分ポールの根元が曲がってしまいます。

実際に曲がってしまったポールを見た事がありますけれど・・・いつの間にか直っていました。
(注:私たちが曲げたわけじゃないですよ!!)

多分私たちの知らない所で知らない誰かが直してくれているようです。




テーマ : バレーボール
ジャンル : スポーツ

ルール、用具 (3)

ネット

次はネットです。

低いです。

2mです。
厳密には真ん中に行くほど重力で低くなっているはずですが、わずかなので全然関係ありません。

2m
これがどのくらいの高さかというと・・・
ほとんどの成人男性はジャンプしなくても手を伸ばせばネットの上に手が出るくらいです。
女性でも半分くらいの人は手が出ます。


幅はコートの幅と同じ6.10m。
これも厳密にいえばポールが内側に引っ張られて曲がる分だけ狭くなるはずですが、やはり全然関係ありません。

硬いバレーと比べて幅が狭いです。
ブロックをする人はあまり動かなくていいから楽ですね。


jum☆ではソフトバレー用のカラフルなネットを使っています。

硬いバレー用のネットは長さが全然違うので使えまえん。

バドミントンのネットは同じ幅なのでそれを代用することはできますが・・・

モルテン君がちょっと重すぎです

バドミントンのネットはシャトルの重さ(5g位)を想定して作られているので、モルテン君(210g)が全力でぶつかると耐えられるのかどうか・・・強度的にかなり不安です。

しかもバドミントンのネットは目が細かすぎて向こう側が見にくいです。

どうしても使わないといけない時以外はやめておいたほうがいいでしょう。




ルール、用具 (2)


コート


ボールの次はコートについてです。

実際コートに立ってみると分かりますが、硬いバレーよりもだいぶ狭いです。

で、簡単に言ってしまえばバドミントンのコートをそのまま流用しています。
ダブルス用の外側のラインです。

セパタクローだとかインディアカだとかいう訳の分からない新興スポーツも同じようにバドのコートを使っています。
きっと丁度いい広さで、新しくラインを引かなくていいから経費の節約になるんでしょうね。

バドミントンから見たら「ソフトバレーも訳の分からない新興スポーツじゃん」とか言われそうですが・・・

私の見てきた体育館では全てのラインですが何か決まりがあるんですかね?

そうそう、一応数字的なものを出すと、

硬いバレー 9m×18m
ソフトバレー 6.10m×13.40m
 <横×縦(自陣と敵陣を合わせた長さ)>

縦横ともに硬いバレーの2/3程度、面積にすると半分以下です。
狭いですが守る人数も4人なので丁度いいと言ったところでしょう。



ルール、用具 (1)


ボール

このカテゴリーではソフトバレーボールのルールや特徴を説明していきます。

まずはボールについて
ボール

① 大きい

硬いバレーと比べて大きいです。
持ってみるとかなり大きい感じがします。
ソフトバレーに慣れてしまうと逆に硬いバレーボールはやたら小さく見えますよ。

・・・っていう主観のみのモヤ~っとした感じだとやっぱまずいでしょうね・・・
ちゃんと調べました。

硬いバレー 66~68cm
ソフトバレー 78cm
(周囲)です。

周囲がおおよそ1.16倍
体積は大きさの3乗に比例するのでおおよそ1.56倍になります。

ボールが大きいと空気抵抗が大きいので軌道が変化しやすいです。


② 軽い

硬いバレー 260~280g
ソフトバレー 210g

どうやらソフトバレーの方が軽いようです。
持ってみた感じでは、硬いバレーの方がずっしり詰まっている感じはしました。

軽いので軌道が変化しやすいです。


③ 軟らかい

持った感じが全然違います。
打ってもレシーブしてもあまり痛くありません。
突き指とかのケガをしている人もいないようです。

でも実は・・・たま~に運が悪いとちょっとだけ痛いです。
ボールの空気入れのボッチの所だけがちょっと硬いので、
そこが思いっきり当たった時はちょっと痛いです。
まぁ硬いバレーと比べたら全然大丈夫ですが。



ボールの特徴はこんなところでしょうか?
硬いバレー経験者に言わせると最初は違和感があるそうですが、まぁやってればすぐに慣れます。
全ての人にやさしい設計だと思います。

では今日はこの辺で・・・



プロフィール

jum☆ブログ管理人

Author:jum☆ブログ管理人
 

ようこそjum☆ブログへ!

jum☆は松本市の南部体育館で毎週土曜日17時~19時にソフトバレーをやっているサークルです。ジャムと読みます。

なんなんホーム(松本市勤労青少年ホーム)にある35歳以下の社会人のサークルです。
初中級者がメインです。

ただ今新入部員募集まっさかりです。

入部希望、体験、見学など、お問い合わせは、nannanjum☆gmail.com(☆をアットマークに直して下さい)にメールを頂くか、↓下のメールフォームを使うか、なんなんホーム事務所までお電話下さい。
0263-26-1083
(火曜日はお休みです)

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。